土地を見つけて注文住宅を建てる|どっちの土地にしようかな

土地の歴史

家のミニチュア

土地のこれまでの歴史はどうなっているでしょうか。 戦後、都市部は焼け野原になり、住宅がほぼない状態でした。その当時不足していた住宅は430万戸と言われています。この不足分をどうにかしようと、国は大規模な公営住宅を建てていきます。昭和30年頃、ある程度住宅の供給ができるようになると今度は公団住宅が流行りました。当時はまだ一戸建ての購入は夢のまた夢で「いつかは一戸建て」と思いをはせる人も多かったのです。 昭和40年代になると、法整備がされたことや資材や人材の確保が容易にできるようになり、今度は分譲住宅として一戸建て住宅がたくさんできるようになりました。さらに贅沢が進むと今度は土地を購入して注文住宅ができるようになります。

昭和50年頃には土地の価格も上がってきて、さらに10年後の昭和60年には都心部の山手線の内側をすべて合わせた土地の価格だけでアメリカ本土が購入できると言われていたほど人々は舞い上がっていたのです。 ところがバブルが崩壊すると、土地の価格も下落の一途をたどり、借金を抱えた人も多かったのです。 今後の土地の動向については、都心部や利用客の多い駅前などの土地を除けば、価格が下がる傾向にあると予想できます。その理由は、少子化が進み人口が減少していることや、不況により土地を購入して住宅を建てることが容易ではないからです。今の20代、30代は長期的なローンを組んでまで土地を購入しようとは思わない傾向にあり、住宅の購入も中古住宅で済ます家庭も多くなって来るでしょう。