土地を見つけて注文住宅を建てる|どっちの土地にしようかな

デザインの住宅

おしゃれなキッチン

デザイン住宅が人気を集めています。デザイン住宅とは、デザインの専門家がデザインをした住宅のことで、これより大規模なものにデザイナーズマンションもあります。 デザイン住宅やデザイナーズマンションは空き家や空室が増えている現代でも高い人気を誇っています。 その理由は、デザインには一見して価値がわかりやすいという特徴があります。住宅に限らず、機能重視に飽きたらデザイン重視に変わっていきます(逆もあり得ますが)。 ただ、これの裏を返せばデザインを重視する代わりに機能性を犠牲にしているともいえます。デザイン住宅の場合は、見た目を重視する代わりに機能性や実用性を犠牲にしていることがあります。 デザイン住宅を建てる場合にはその妥協点を明確にしておくことも大事になります。

デザイン住宅は、見た目を重視することで、シンプルにも豪華にもできます。要は、その人に会ったスタイルや環境のデザインを自由に造ることができるのです。 ただし、そこにはデメリットもあります。一つは価格の問題です。デザインを重視するということはデザイナーを雇わなければならないため、その分ごくありふれた分譲住宅に比べるとお金がかかってしまうのです。 また、デザイナーとの綿密な打ち合わせが必要なためどうしても時間がかかってしまうというデメリットもあります。中には1年はかかるということもあるようです。 そして、デザイナーとの意見の食い違いによりご破綻になることもあります。あるいは、出来上がったものを見ると想像と違うものができていることがあるので、そのデザイナーの過去の作品を見て傾向を掴ん無のが良いでしょう。