土地を見つけて注文住宅を建てる|どっちの土地にしようかな

土地の歴史

家のミニチュア

戦後の日本は焼け野が原状態だったため、住宅がほぼなく住宅不足に悩まされていました。そこで公営住宅が多く建てられ、人々は一戸建てを建てることを夢見ていたといわれています。

詳細を確認する »

デザインの住宅

おしゃれなキッチン

デザイン住宅を考えている人は、デザインの専門家に依頼することが適切です。デザイン住宅とは専門のデザイナーが手がけた家造りのことで、おしゃれ且つ快適な住まいを手に入れることができます。

詳細を確認する »


注文住宅を建てる

シニア夫婦と家

まるで北欧に住んでいるような気分が味わえます。スウェーデンハウスに依頼して素敵なお家を建てませんか?

注文住宅の動向はどうなるでしょうか。動向を知る前に、現在の注文住宅の状況について知っておきましょう。注文住宅は、1960年代あたりから徐々に増え始めました。当時はまだ一戸建て住宅がそれほど流行っていなかった頃で、注文住宅はお金持ちが建設する住宅というイメージが強かったのです。 やがて、バブルが崩壊すると土地の価格は下がる傾向が続きましたが、国民の所得も減少したため、注文住宅をはじめとする一戸建て住宅の新築数が減少していきます。 ただ、それでもなお注文住宅は自由設計ができるという意味で根強い人気があり、また一度解体した土地に建築する場合にも利用されることから、その数は減りつつも一定数建築されています。

注文住宅を建築するうえで、注意するべきはどんな点でしょうか。普通、注文住宅を建築する時には、事前にその設計のイメージを持つためにカタログなどで勉強をしますが、それは平面上の話なので、なかなか空間まではイメージできないことが多いのです。例えば、平面の設計図だけで建築された家に入ってみるとどこかイメージしていたものとは違うことがあるのです。 そこで、空間をイメージするために、モデルハウスに足を運ぶのがいいでしょう。モデルハウスの良さは、三次元なことです。その点についてはモデルハウスが大変に参考になるのですが、モデルハウスの装備やオプションの類までは参考にしない方がいいでしょう。なぜならモデルハウスはフルオプションだからです。それをまねしようとすると、予定の予算を大きく上回ってしまう可能性があります。


一戸建ての購入

工事の風景

一戸建てを購入する際は、自分に見合った条件をいくつか提示し、それらに適した家を購入することが適切です。ホームページなどを参考にするとどのような一戸建てがあるのか知ることができ便利です。

詳細を確認する »


オススメリンク